2006年 11月 24日 ( 1 )
潮岬 熊野灘情報  ワイルドキャット [カジキ マグロ トローリング]
      ・・・・熊野灘ワイルドキャットさんからの情報です。

  22日は、6日ぶりにカツオ狙いで出漁しました。
黒潮の中は小さなシイラだらけ。次から次へと釣れてきます。
一度に2尾、3尾掛かるのはあたりまえで、全部で35尾も釣れました。
もうヘトヘトです。シイラにまじって1.5~2kgのキハダの子供が3尾釣れました。
カツオは釣れず。漁船もほとんど釣ってませんでした。

   21日は多い船は10尾ほど釣ってたのですが、今日はシイラが多過ぎて
   カツオどころではなかったのだと思います。ケンケン道具を上げて
   シイラの大群れから逃げる漁船がいたぐらいです。

  黒潮の北端は北緯33度27分付近で水温23.0度。
そのあたりから南はシイラだらけです。手前の22度台の所でもシイラが
釣れます。さらに手前は北緯33度29分付近で一気に20度台になって、
それより北は何も釣れません。カツオがいないかと港の近くまでルアー
を引いて帰りましたが、見事に何のアタリもありませんでした。

  キハダが釣れたルアーは、ロングリガー・ペンロング(ホロパール)と
  センター・ペンショート(アワビ)、ショートリガー・ペンロング(メキシコ)です。
  ショートリガーにストライクがきたのはシイラをランディング中で、
  ボートはアイドリングスピードでした。
  沈んでるルアーに食ってきたようです。

小型のマグロには潜行板だと漁師は言いますが、
それに近いことになってたのかもしれません。

   23日は、波が高くなるまで朝のうちだけ釣りに行ってたプレジャーボートの
   情報によると、黒潮の北端以南は22日と同じくシイラだらけで釣りにならず。
   一度だけ下へ下へと引く強い魚が掛かったけど、手元へ寄せて来るまでに
   フックアウトでバラしてしまったそうです。
   もしかしたらワイルドキャットが釣ったのより大きい3~5kgサイズの
   キハダマグロかもしれません。

  三輪崎の沖でサメの延縄漁をやってる漁船が数日前にビンナガを
かなり釣ったという話を聞きました。戻りのサンマに付いて来た群れのよう
です。黒潮の中まで行くと水温が23度以上あるのでビンナガには
高過ぎますが、その手前の20~21度台のエリアで見付けることができる
かもしれません。樫野崎沖の中層浮き魚礁は北緯33度28分ですから、
現在、黒潮北端のちょうどよい位置になってると思います。


        ・・・・・ピンナガが入ってくるといよいよ冬ですね。
            ピンナガも大きいのは30kg50kgと面白いサイズ
            になりますから楽しみです。
            チャーターでピンナガが狙えるのは、
            ワイルドキャットさんか、
            串本、すさみの遊漁船だけじゃないでしょうか。

      熊野灘ワイルドキャット
     http://www.geocities.jp/kohji_bbc/wildcat/


                  06年春のトンボ ワイルドキャット  
潮岬 熊野灘情報  ワイルドキャット [カジキ マグロ トローリング]_f0009039_13551427.jpg

潮岬 熊野灘情報  ワイルドキャット [カジキ マグロ トローリング]_f0009039_13553657.jpg

潮岬 熊野灘情報  ワイルドキャット [カジキ マグロ トローリング]_f0009039_13555961.jpg


>>ペンロング、ペンカット、ペンショートページ

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-24 13:54 | Comments(0)