カジキ・マグロトローリング
ブラックマーリン シロカワカジキ[カジキトローリング]
 熱帯から亜熱帯の海域や暖流域に生息し、比較的沿岸の少しにごった潮を好みます。水深30mくらいの沿岸にも寄ってきて、日本沿岸の定着網などで水揚げされることがあります。遠く航海をする事が知られ、メキシコ、カボサンルーカス沖でタグ付けされたブラックマーリンが、6600マイル離れた南太平洋のノーフォーク島で捕獲されました。背ビレが小さく、胸ビレはひろげたまま折りたためないのが特徴です。11月にオーストラリアのグレートバリアリーフ沖に産卵に集まるブラックマーリンを狙って、世界有数のトーナメント、ブラックマーリンクラシックが開催されますが、産卵のカジキなのでほとんどがリリースされます。

 スピードのあるブルーマーリンに比べて、タフな重量級のファイターです。フックアップすると、ジャンプを数回繰り返すこともありますが、水中に潜って泳ぐ傾向にあります。水中をゆっくり泳ぎ、疲れにくいのでファイトタイムが長くなります。沈んだブラックマーリンを浮かせてジャンプさせ、早く疲れさせるのが、優秀なキャプテンのテクニックです。IGFAのカジキの最大魚はペルーでキャッチされた1,560lbのブラックマーリンです。
ブラックマーリン シロカワカジキ[カジキトローリング]_f0009039_10455662.jpg


【ルアーズ カジキ・マグロトローリング】
by biggame-lures | 2006-01-26 13:34 | オフショア カジキ マグロ情報 | Comments(0)
<< ストライプドマーリン マカジキ... ブルーマーリン クロカワカジキ... >>