カジキがビルを振りたてて、ルアーに・・!![カジキトローリング]
 大王沖12マイル、12時45分、
 ボートは東に向かって潮目を流していた。 センターのルアーのすぐ横を何かが動く。カジキだっ!! 来るぞー!! クルーに緊張が走る。 アングラーは、ファイティングチェアーに向かう。キャプテンもクルーも、目を皿にして、ルアーを見つめる。
  
 ビルが見えた!! カジキだ!!
 リリリリリリー ラチェットがうなる、
でもすぐ止まってしまった。リールを巻け、巻け!
 
 バレたか、いや、ルアーの横に何か見えるぞ!!
 ビルか、シイラの尾ひれか? 

 アングラーは必死に巻く。まだ何か見えている。
リーダーの先にビルが見えるぞ!! 大きくはないな、
マカジキか?  でも、りっぱなビルだ。
 
 おかしいな、軽いぞ、とアングラーはつぶやいた。
 こっちに向かってる!! 巻く手を休めるなっ!!
 キャプテンが怒鳴る。

 寄ってきたぞ!!あと、30m・・20m・・10m
 アレッ、ありゃなんじゃい!! 

 寄ってきたのは1.5mくらいの流木だった。針が刺さって泳いで、海面から30cmくらいの長さでまるで振りたてたビルのように、ルアーについてきたのだった。

 キャプテン、唖然。 
 クルー、あんぐり。
 アングラー、放心。

ボートの上に大爆笑が起こったのは、
数十秒たってからだった。


今日3回目のヒットは立派なビルを持つ流木だった。 

【ルアーズ カジキ・マグロトローリング】
by biggame-lures | 2005-08-11 16:13 | オフショア カジキ マグロ情報 | Comments(0)
<< 三重のO氏の新作ルアーの試釣行... キハダ80kg![カジキトロー... >>