ブラックキャット ソフトヘッドのメンテナンス      [カジキ・マグロトローリング]
   ブラックキャットを始めとするソフトヘッドルアーは、
   ルアー自体が柔らかなので傷が付きやすく、
   ファイトや鋭い歯での破損をする事があります。

   ソフトヘッドの樹脂は補修しても接着がきかず、
   破損箇所を盛り付けてもすぐとれてしまいます。
   傷の補修も樹脂が柔らかいので研磨することも難しいのです。
   樹脂の種類によっては可能な場合もあるかもしれませんが、
   一般的には難しいとされています。

   
写真は昨年8月にファーストマーリンを釣り上げた愛知県のConey5 艇様の
ブラックキャット スイマー メキシコの破損状態です。
ファーストを釣り上げたルアーですからなんとか補修したいと思ったのですが、
写真で見られる程度の破損であれば、基本的な泳ぎにさほど影響しないと思い、
そのまま使っていただくことになりました。

ブラックキャット ソフトヘッドのメンテナンス      [カジキ・マグロトローリング]_f0009039_16562497.jpg


  Coney5艇 07年クロカワキャッチデータも送っていただきました。

2007/08/26
魚種 :クロカワカジキ
サイズ: 128Kg
タックル:80ポンドロッドアンドリール/IGFA・JGFAルール仕様
ヒットルアー:ブラックキャットスイマーソフトヘッド・メキシコ・黒青
ヒットポイント:N34.20 /E137.17
ヒット時間:pm1:50
ファイト時間:1時間30分
胃の中身:シイラ、イワシ

  上記のデーターです。 傷が付いたこともあり、泳ぎが気に入っていたので
  再度同じルアーを購入させていただきました。    ・・・Coney5 艇

 
ブラックキャット ソフトヘッドのメンテナンス      [カジキ・マグロトローリング]_f0009039_1722018.jpg


              ・・・カジキキャッチの詳しいデータを
                  ありがとうございます。 
                今年もカジキキャッチ情報を送ってください。

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2008-05-07 18:29 | ブラックキャットスイマー | Comments(0)
<< 大王沖10マイルでまずまずのカ... 関東のカジキ情報が交錯している... >>