春のマカジキ ルアー は??? [カジキ マグロ トローリング]
   すさみ、潮岬の漁師さんにペンカットの4号やペンロングの4号の話の中で、
   これは、マカジキにもいいサイズだね、という話がありました。

マカジキには6.5号くらいのサイズを使う方が多いようです。
これは、マカジキがカジキより小さいから小さなカジキルアーを曳くわけでは
なくて、春の早い時期はベイトが小さいからです。
潮岬の100kgを超えるクロカワがよく3号のカツオルアーや5号のトンボルアーに
ヒットしてくるのは、小さなベイトを捕食しているからです。

  イワシも小さいですし、サンマも20cmほど、サバも15cm~20cmほどの
  大きさですから、ベイトサイズに合わせると、
  早春は4号5号サイズから、晩春にかけて6.5号7号くらいが
  一つの「マッチ ザ ベイト」サイズです。
  まだ水温が低く魚も活発に泳がないので、機敏に泳ぎ回るルアーより
  おとなしいルアーのほうが、喰いがいい、
  ボートスピードも、遅めのほうがいい、というかたもいます。

しかしこの時期のカツオやマグロは新仔が1kg弱、
大きなカツオは5kgもいますから、大きな10号12号ルアーでも
「マッチ ザ ベイト」です。大きなルアーでもカツオ廻りでは有効なはずです。

  春のマカジキは30kgくらいですから、
  小さめのルアーにライトタックルの方が楽しめるかもしれません。
  とはいっても、突然クロカワがヒットしてくることだってありますから、
   悩むところですが・・・

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】 
by biggame-lures | 2007-03-05 09:56 | 最新のヒットルアー情報 | Comments(0)
<< ウヒャー!! 黒潮本流が 石廊... 3月15日 パクラルアーの価格... >>