カジキ・マグロトローリング
トップガンフィッシングレポート
         トップガンフィッシングレポート

今回のJBTK(串本大会)に優勝されたチームウルフは
カジキトローリング界の超新星の一艇です。

カジキ釣りをするために与那国に通い始め、
10年ほど前にいきなり大型艇を手に入れられて
トローリングボートオーナーとなり、
この世界に入ってこられた根っからのカジキ釣りフリークです。

当社が移転する前、ウルフさんとご近所だったこともあり、
当事務所、兼、工房にもよくお越し頂いておりました。

一度だけ同乗案内させて頂いたこともあり、
カジキ釣りをフルに楽しむ姿勢がとても印象的なオーナー様です。

41艇で1DAYになった今年の串本BT。

ダッシュさんのマカジキ(大会ファースト)と
優勝魚の2尾のみの厳しい釣果。

私事ですが、日々痛感させられてきた、
「5%の釣果を切る状況」でも
成果を出す秘訣は、秘技に近い何かがあります。

通常20% = 5艇に1尾 が揚がる状況では、
ベテランや実力者の締める割合はかなり高いものになります。

それ以下の釣果では、経験とテクニックに付け加え、
それを超える何かを持つチームが
素晴らしい爆発する命の塊のようなカジキと出合えます。

常々、そんな厳しい状況でも成果を出せる
トローリングインストラクターになりたいと
日々頑張っておりました。


確立5%を切る状況でカジキとファイトできるスキル-
それはいったい何なのか?

今は私なりの答えは見つかりました。

しかし、それが具現できるのかは、、、

そんな困難な状況でコンスタントに
成果を出すカジキハンターになるのは、
尽きない情熱があってこそ。

ビジネスにおいても、スポーツにおいても、
それは共通する事実でしょう。

チームウルフとお会いしてから、今に至るまで、
絶えない探求心で、
効果があるという技術や道具を素早く試したり、
あまり一般的でないテクニックや
新たな試みに常に挑戦されている
日本のトローリング界に光る新星です。

ウルフメソッドという好釣果の新テクニックを見出し、
確立してくれるかもと期待しております。

そんな尽きない情熱で
与那国のカジキ釣り大会での成果を上げ、
メジャーな大会に優勝したチームウルフ。

続く、下田JIBTでも伝説を創ってもらいたいと
心から願っております。



今回の串本BT優勝ルアー
モールドクラフト スーパーチャガーSR(シニア)は世界で
2番目に多くカジキを釣ったといわれるメジャールアー

オールタックルの大西洋世界記録1,402 LB(1992年)は
このスーパーチャガーSRのピンク/ホワイトで
トップガンフィッシングレポート_f0009039_19191847.jpeg

世界で1番カジキを釣ったといわれるワイドレンジSR 
海況やスピードにワイドに対応する誰が曳いても、
どこのポジションに引いても成果を出す
幅広い対応力の名品ルアー

1,742 LB や80 LB 世界記録 このワイドレンジシリーズでの記録
私はトップガンNS12やGI14がないときはこれをよく曳いてきました
トップガンフィッシングレポート_f0009039_19272015.jpeg

この2つの逸品ルアーは、米有名雑誌等で
幾度となく取り上げられるMust-Have-Lure では
ほとんど毎回上位に選ばれている。

by biggame-lures | 2023-07-19 19:22 | TOPGUNトップガンルアー | Comments(0)
<< ビルフィッッシュトーナメント 下田沖に新しい潮 >>