デスダイブの163キロ
8月20日、浦賀のA-H艇さんが下田沖の通称ウドネで

今シーズン13本目となるカジキをキャッチしました。

おめでとうございます。がっっ!

なんでもデスダイブで5.5時間のファイトだったらしいです。

大変でしたね。よく頑張りました。
f0009039_12564797.jpg

デスダイブは大変でしたね。

僕も昨年デスダイブを2度経験しましたが、もはやファイトではありません。

辛く長く、きつい作業です。

僕らはもうルール無視で3人掛かりで引いて巻いての繰り返し、

2時間で浮いてきましたが、真夏の炎天下辛い作業でした。

A-H艇さん5.5時間もよく踏ん張りましたね。


もう15年以上前にJIBTでデスダイブがありました。

その時は児島玲子女史がアングラーで、

数時間一人で巻き上げて夜に帰港したことを思い出します。


先日、愛知県のF艇さんのキャプテンのIさんと電話で話しました。

なんでもF艇さんも今年デスダイブがあったそうで、

キャプテン曰く、ダブルフックはデスダイブになりやすい。

F艇はシングルフックにもどそう、とか。

せっかくのヒットファイトを楽しんで、タグ&リリースしようってのに

沈んでしまったら困りますね。


お疲れ様でした。が一番ピッタリする言葉です。









by biggame-lures | 2019-08-21 13:06 | オフショア カジキ マグロ情報 | Comments(0)
<< 金華山沖カジキ爆釣 伊豆沖でも台風明けのカジキ >>