一昨年12月12日に遠州灘マカジキ
12月に入り季節風が強く、なかなか出船は厳しいのですが、

北西風を避ける熊野灘は比較的穏やかで、
キハダ探しの遊漁船が頑張っています。

9日には三重のテンヤ丸さんで10kgクラスのキハダをキャッチしています。
一昨年12月12日に遠州灘マカジキ_f0009039_09481321.jpg

7日には三重のヘイミツ丸さんでは58kgをゲット。
一昨年12月12日に遠州灘マカジキ_f0009039_09521101.jpg

一方、串本の西側ではフクマルさんが9日にトンボを仕留めています。
おまけにカツオもたくさん。
いいですね。春の先取りですね。
一昨年12月12日に遠州灘マカジキ_f0009039_09542490.jpg
一昨年12月12日に遠州灘マカジキ_f0009039_09543372.jpg



そういえば

昨年も載せましたが、
2016年12月12日には遠州灘で
マカジキキャッチのラストマーリン大記録がありました。

シブキ シンキングミノー 186mm イワシ2HG での快挙でした。

諦めず、曳いてみることが大切です。

サンマが飛び跳ねている海でキハダ狙いの外道で
マカジキが食らいつきました。


 2016年12月の記事
f0009039_09412867.jpg
f0009039_10512165.jpg
ハイスピード仕様の安定した泳ぎ、
大間の黒マグロの実績で人気沸騰のタックルハウスの銘ルアー「シブキ」は、
漁師さんが釣れないときやキャスティングの遊漁船が釣れないときでも
この「シブキ」をトローリングで曳いたらマグロもカツオも爆爆のヒット!!

キャスティングの人たちの間でも移動中の「シブキ」のトローリングが大ヒット!
マグロを釣るなら必携です。

Biggame-lures仕様では
186サイズ:カルティバST-66、3/0をセット
159サイズ:カルティバST-66、2/0をセット
「シブキ」は、メーカー出荷ではフックは付いていませんので
スプリットリングもカルティバに交換し、フックをセットしています。

















by biggame-lures | 2018-12-14 09:53 | オフショア カジキ マグロ情報 | Comments(0)
<< 冬のアウトレットセール OUTLET SALE >>