遠州灘ゲームフィッシングトーナメント
8月4・5日と開催された遠州灘ゲームフィッシングトーナメント

20チームエントリーの大会は
天候に恵まれべた凪の暑すぎる海で熱戦を展開しました。

台風12号が来る前は、遠州灘はカジキラッシュでしたので
多くの釣果が期待されていました。

4日の朝、スタートしてみるとサメ堀は緑がかった潮で、
芳しくないため、多くのボートはもっと南へ。

自慢のスピード力を生かしたチームOMDOが
エリア南いっぱいの20-32でカジキをヒットさせ、
50ポンドラインで推定150kgをキャッチ。
この情報にほとんどの参加艇が南に集結しました。
f0009039_10520956.jpg
その後、ほぼ同じ海域でバンガードが21-34でヒットさせ
ファイトに持ち込みもフックオフ。

10時25分にDelfinoが20-33でヒット。
38分にシエスタが21-30でヒット

Delfinoは40分で推定150kgのクロカジキをキャッチ。

シエスタは30ポンドラインで推定100kgのクロカジキをT&R成功。
一躍、初日の首位に躍り出た。
f0009039_10584874.jpg

その後、昼にかけてマンボウ21-31,ソールズベリー20-32
グラディー20-37とフックオフが続く。

13時20分醍醐が20-33でファイトに持ち込む。
14時のストップフィッシング後に近寄ると
今年遠州灘では多い、どうもデスダイブらしい。
検量時間締め切りとの具合で、醍醐はラインブレーク。

初日はカジキ8ヒット、2キャッチ1T&Rの結果でした。


5日の2日目は、べた凪、面ツルの走るには好条件。
f0009039_11144749.jpg
f0009039_11145814.jpg

初日は南西から潮がかなり押していたため、
2日目のヒットとポイントは3〜5マイル北にずれていました。

8:21にソールズベリー23-33でヒットするもラインブレーク。
8:55 ミカタエイト30-31でフックオフ
9:48 ViViが25-31で30ポンドラインブレーク

10:10 Delfino25-31ヒット、45分ファイトでT&Rするも
弱っていたためキャッチ。
これで優勝を決めました。

f0009039_11451986.jpg

その後11:48にまたもやソールゾベリーかけるも6連続フックオフ。


たくさんの釣果を期待していましたが、
潮が渋く、2日目は1本の釣果で終了しました。

優勝 Delfino
準優勝 SIESTA
第3位 OMDO
という結果で終了しました。
入賞した皆さんおめでとうございます。
f0009039_11483848.jpg
f0009039_11485220.jpg
f0009039_11490329.jpg















by biggame-lures | 2018-08-06 11:49 | ビルフィッシュトーナメント | Comments(0)
<< サンマ定食限定9食分揃いました。 Horus Dragon金華山... >>