御前崎ビルフィッシュトーナメント
25日から27日に開催された御前崎ビルフィッシュトーナメント。

26日の大会初日は、スタート後すぐに予報通りの西風が強まりました。

南の金洲と駿河湾中央の石花海に別れました。

8時40分、大会実行委員長のクレージーボーイから
金洲からのヒットコールで大会幕開けしました。
クレージーボーイは残念ながら大波の中でラインブレーク。

続いて9時00分にJGFA会長のTRUE BLUEからヒットコール。
石花海にて推定120kgのクロを見事キャッチ。

9:28分チームタイセン石花海アイノセからヒット。
推定50kgのシロカジキをキャッチ。

10:07 オモリの東から、玄武ヒット。
10:03 金洲の南縁から2016年3位のマーベラスヒット。
両艇共、強風大波のためラインブレーク。

10:22 BOL中日本幹事長のアイラッシュが石花海北の瀬からヒットコール。
50ポンドでタグ&リリースを決めて、初日のトップに躍り出ました。

10:25 CLUB SPORTSヒットするもフックオフ
10:29分にもフックオフがありました。

10:32 ディスカバリー30ポンドタックルでヒットコール。
しばらくして、50kgのシロカジキをランディングコール。
パーティ時にキャプテンの萩原さんに伺ったところ、
リーダーを尻尾に巻いて弱っていたため、キャッチしたとのこと。
タグ打てば、上位に出られるチャンスでしたが、
チームディスカバリーのシーマンシップは讃えるべきだと思います。

11時に三重から参加のウラヌスヒット、フッックオフ。

11:05 大洋丸が石花海北の瀬にて50ポンドでT&Rを決め、
暫定2位に躍り出ました。

11:20 三重のビーグル、27−19でヒット、フックオフ。

しばらく沈黙が続いた1時間が経過し
12:50 またしても三重からエントリーのFiveStarが
北の瀬からヒットコール。
無難にカジキを寄せマカジキをT&R成功。3位につけました。

13:17 大洋丸が2回目のヒットコール。
1本取っているため、これをとればと思っていたところ
残念ながら、フックオフ。

大会初日は、カジキランディング3本、T&R3本の釣果でした。

御前崎ビルフィッシュトーナメント_f0009039_10193653.jpg
御前崎ビルフィッシュトーナメント_f0009039_10194885.jpg
御前崎ビルフィッシュトーナメント_f0009039_10195828.jpg
御前崎ビルフィッシュトーナメント_f0009039_10200603.jpg
御前崎ビルフィッシュトーナメント_f0009039_10201976.jpg

大会2日目は、初日と打って変わって、東風強風の予報。

一斉スタートは実施せず、御前崎港の出口に参加艇が集まり、

昨年お亡くなりになったウエイビーラインの林なみさんの追悼セレモニー。
全艇でホーンを鳴らしてご冥福をお祈りしました。
御前崎ビルフィッシュトーナメント_f0009039_10243098.jpg
御前崎ビルフィッシュトーナメント_f0009039_10243844.jpg
東風10メートリ以上の強風予報のため、
大会2日目は、ストップフィッシングが11時に早められました。

順次、スタートののち、多くのチームは石花海に舳先を向けましたが、

我がチームヤマハ&ビッグゲームルアーズは、
三重のチームとともに帰港向けのオモリへ。

その後、無線も届かなかなくなり、詳細は分かりません。

2017御前崎ビルフィッシュトーナメントは
優勝 245Pでダイワ+プレデター
2日目のみのファーストマーリンポイントを加え逆転優勝。
2009年以来の優勝、おめでとうございます。

二位 195Pでアイラッシュ
三位 時間差で大洋丸
四位 195Pファイブスター
五位 TRUE BLUE
六位 81ポイント ディスカバリー
七位 50.8ポイント タイセン

ナガシキ会長賞は三重からエントリーしてT&Rしたファイブスター。
タグ&リリース賞は大洋丸

上記のような結果で御前崎ビルフィッシュトーナメントは
無事、幕を閉じました。
皆様、お疲れ様でした。






by biggame-lures | 2017-08-28 10:20 | イベント情報 | Comments(0)
<< 茨城ビルフィッシュトーナメント 今週末のビルフィッシュトーナメント >>