オーストラリア ポートスティーブンス カジキルアー試釣[カジキトローリング]
オーストラリア ポートスティーブンスにルアー試釣に行ってきました。
ベイトフィッシングが主体のオーストラリアのトローリングですが、
充分ルアー試釣の成果がありました。

今回お世話になったのはオーストラリアでも5本の指に入る
名艇カリプソのキャプテン ティム、とクルーのアンディ君です。
カリプソはこの時期はホームポートのポートスティーブンスに滞在し
カジキを追いかけ、秋のシーズンはグレートバリアリーフに浮かぶグランダーの
メッカ、リザードアイランドでカジキを追いかけています。
カスタムメイドの43フィートの見るからに戦闘的なクルーザーでした。

カリプソ

オーストラリア ポートスティーブンス カジキルアー試釣[カジキトローリング]_f0009039_18405514.jpg



 
キャプテンのティム

オーストラリア ポートスティーブンス カジキルアー試釣[カジキトローリング]_f0009039_18412242.jpg




今回試釣したのは三輪崎WILDCATとのコラボで開発した
ブラックキャットのチャガータイプ、及びスピンカットです。

ブラックキャットチャガー
オーストラリア ポートスティーブンス カジキルアー試釣[カジキトローリング]_f0009039_1843457.jpg



  他には トップガン、輝迫、コギンズ、を流しました。
この強力なラインアップのなかでヒットがあれば
プロトタイプは大成功なのですが・・・



   朝7時半に出航してベイトフィッシングの後にポイントに到着が09:30。
早速ルアーを流す。
ショートコーナーにトップガン、ロングコーナーに輝迫、
ショートリガーにスピンカット、ロングリガーにブラックキャットチャガー
の4本曳きです。
ちょっと変わったフォーメーションで、ロングショートといっても
ほとんど同じ距離でコーナーは2本とも3波、リガーも同距離で2本とも4波、
左右対称のコンパクトなフォーメーションでした。

ここのポイントは1マイル四方にカジキが集まっているとのことで、
コンパクトなフォーメーションを選択しているようです。

10:30 

 左舷リガーのスピンカットにカジキが寄ってくるのが見えた。
  
     誰かが「マーリン!」と叫ぶ!!

 カジキは向きを変えコーナーのトップガンに吸い寄せられるように近づき、
 トップガンにアタックするかというそぶりを見せつつ、ビルでルアーをからかい、
そのまま右舷に流れ、
リガーのブラックキャットチャガーに近づいた。

そしてカジキは「これだっ!」と、いわんばかりにブラックキャットに飛びついた
         リリリリリリリリリー

  30lbのTICAのリールがけたたましいクリック音を立てた。
  50mほどラインを出したところで、カジキは水面で大きく首を振った。

オーストラリア ポートスティーブンス カジキルアー試釣[カジキトローリング]_f0009039_18501133.jpg



      クリック音が止まる。
      くそっ!バレた!

キャプテンのティムは躊躇なく、次の指示をアンディに出す。
全てのルアーを回収し、ベイトの40cmほどのハガツオを
両サイドのリガーでスキップベイトに流す。もう1本はショートに・・・・
   (詳細は後日フィールドレポートにて)

  午後2時半、そろそろ今日のトローリングも終わろうとする頃、
ロングリガーで曳いているスピンカットのリガーロッドが大きくしなった
ラインの先で水柱が立ったと同時にラインが10mほど出て行ったが、
ロックアウトが外れない。何だろう?カジキじゃなさそうだ。

オーストラリア ポートスティーブンス カジキルアー試釣[カジキトローリング]_f0009039_18572019.jpg


バラクーダか、シイラか、ロックアウトをはずして、30lbのティアグラを巻く。
なにか付いているが、ポンピングしなくても苦もなく巻ける。
 
  ウオーッ!カツオだ!3~4kgある。さっぱりした日本食が食べたかったあー!

オーストラリア ポートスティーブンス カジキルアー試釣[カジキトローリング]_f0009039_18423419.jpg

上がスピンカット 下がスピンバレット

 このスピンカットは、シイラ爆釣、沖サワラ、トンボの3kg、
カツオの大型、なんでも喰ってくる、マカジキサイズの小型ルアー。
泳ぎは抜群で、スピニングでも曳けるから面白いルアーです。
1本持っていると楽しいですよ。


   

  2日目が終わってキャプテンのティムとルアーの話をしていると
ティムはスピンカットを持って、

   「ナイスなルアーだ、マーリンもなんでも喰ってくるだろうが、
   イエローテール(キハダマグロ)には是非使ってみたい」
     といってルアーを離さない。

オーストラリア ポートスティーブンス カジキルアー試釣[カジキトローリング]_f0009039_18512244.jpg

  

  もちろんルアーズとしては有名なキャプテンに使ってもらえれば
光栄なので、2本しかないスピンカットのプロトタイプのうちの1本でしたが、
ブラックキャットチャガーと一緒においてきました。

  ここのキハダは100kg超えるそうだから少し小さいかもしれませんが、
日本の80kgのキハダやマカジキにはちょうどいいサイズだと思います。

【ルアーズ カジキ・マグロトローリング】
by biggame-lures | 2006-03-23 19:02 | プロトタイプ、試釣ルアー他 | Comments(0)
<< 串本沖 プレジャーにマカジキが... 第一回 三宅島国際カジキ釣り大... >>