カジキ・マグロトローリング
潮岬沖 四国沖 カツオの群れは小さい  【カジキ マグロ トローリング】
    潮岬沖 四国沖 カツオの群れは小さいようです。
    例年なら100kg200kgという漁がある時期ですが、

20本取れれば大漁で日によっては2本3本なんていう日もあるようです。

    ここ数年、カツオの漁がかんばしくありませんが
    これもラニーニャ現象や温暖化の影響でしょうかねえ??



木は暖かい年は平年より成長が早いそうです。
ですから年輪の幅を見るとその年の平均気温が推測できるそうです。

   80年経った木の年輪を見ると最近の10年の木の成長は、
   それ以前に比べると2倍近い早さで成長しています。

   魚のウロコにも年輪があるそうですが、
   魚も水温が高い年は成長が早いのでしょうか??

   ここ数年、カジキも大きなサイズが釣れています。
     今年も大きく成長したカジキが釣れるといいですが、
       カジキのウロコの年輪は視認できそうもないですね。

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2009-03-09 23:02 | オフショア カジキ マグロ情報 | Comments(0)
<< 3月20日~22日 ルアーの展... 遠州灘沖がだんだん汚れてきまし... >>