<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
カジキがいないと情熱が湧いてきません・・・ [カジキ マグロ トローリング]
   カジキシーズンが過ぎて、マグロや中深海の釣りなど、
    いろいろなことを試してみてはいますが、
   カジキ熱に侵されたハンター達は空虚な日々を過ごしているようです・・

  そこで 一句  
    
      カジキ去り 虚しく広がる 秋の空

                            ・・・・ルアーズ

f0009039_1818373.jpg

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-30 18:12 | オフショア カジキ マグロ情報 | Comments(0)
カジキ 460kgが揚がったぞー!!! [カジキ マグロ トローリング]
   与那国でカジキの460kgが職漁船で揚がったようです。

与那国のカジキ釣りは職漁船もチャーターボートも、釣り方は同じです。
 ですから、ボク達にも、チャンスがあるのです!

     さすが、巨大魚の島ですね・・・・
     
     行きたくなっちゃった !!!!
     
     ここのところ、日に10本くらい釣れてるみたいだし・・・
     
     カレンダーも最後のページだけど・・・・

     やりくりすれば、なんとかなりそうだし・・・

         ・・・・・・・・・・・


 
         アロハルアーのエリックが今年釣り上げたグランダー 1027lb
f0009039_17112178.jpg



         与那国のライブベイトトローリング 太郎丸さんにて
f0009039_17204317.jpg

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-28 17:21 | オフショア カジキ マグロ情報 | Comments(0)
潮岬 熊野灘情報  ワイルドキャット [カジキ マグロ トローリング]
      ・・・・熊野灘ワイルドキャットさんからの情報です。

  22日は、6日ぶりにカツオ狙いで出漁しました。
黒潮の中は小さなシイラだらけ。次から次へと釣れてきます。
一度に2尾、3尾掛かるのはあたりまえで、全部で35尾も釣れました。
もうヘトヘトです。シイラにまじって1.5~2kgのキハダの子供が3尾釣れました。
カツオは釣れず。漁船もほとんど釣ってませんでした。

   21日は多い船は10尾ほど釣ってたのですが、今日はシイラが多過ぎて
   カツオどころではなかったのだと思います。ケンケン道具を上げて
   シイラの大群れから逃げる漁船がいたぐらいです。

  黒潮の北端は北緯33度27分付近で水温23.0度。
そのあたりから南はシイラだらけです。手前の22度台の所でもシイラが
釣れます。さらに手前は北緯33度29分付近で一気に20度台になって、
それより北は何も釣れません。カツオがいないかと港の近くまでルアー
を引いて帰りましたが、見事に何のアタリもありませんでした。

  キハダが釣れたルアーは、ロングリガー・ペンロング(ホロパール)と
  センター・ペンショート(アワビ)、ショートリガー・ペンロング(メキシコ)です。
  ショートリガーにストライクがきたのはシイラをランディング中で、
  ボートはアイドリングスピードでした。
  沈んでるルアーに食ってきたようです。

小型のマグロには潜行板だと漁師は言いますが、
それに近いことになってたのかもしれません。

   23日は、波が高くなるまで朝のうちだけ釣りに行ってたプレジャーボートの
   情報によると、黒潮の北端以南は22日と同じくシイラだらけで釣りにならず。
   一度だけ下へ下へと引く強い魚が掛かったけど、手元へ寄せて来るまでに
   フックアウトでバラしてしまったそうです。
   もしかしたらワイルドキャットが釣ったのより大きい3~5kgサイズの
   キハダマグロかもしれません。

  三輪崎の沖でサメの延縄漁をやってる漁船が数日前にビンナガを
かなり釣ったという話を聞きました。戻りのサンマに付いて来た群れのよう
です。黒潮の中まで行くと水温が23度以上あるのでビンナガには
高過ぎますが、その手前の20~21度台のエリアで見付けることができる
かもしれません。樫野崎沖の中層浮き魚礁は北緯33度28分ですから、
現在、黒潮北端のちょうどよい位置になってると思います。


        ・・・・・ピンナガが入ってくるといよいよ冬ですね。
            ピンナガも大きいのは30kg50kgと面白いサイズ
            になりますから楽しみです。
            チャーターでピンナガが狙えるのは、
            ワイルドキャットさんか、
            串本、すさみの遊漁船だけじゃないでしょうか。

      熊野灘ワイルドキャット
     http://www.geocities.jp/kohji_bbc/wildcat/


                  06年春のトンボ ワイルドキャット  
f0009039_13551427.jpg

f0009039_13553657.jpg

f0009039_13555961.jpg


>>ペンロング、ペンカット、ペンショートページ

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-24 13:54 | ワイルドキャットコラボ情報 | Comments(0)
1年お世話になった 大切なルアーのお手入れは・・・ [カジキ マグロ トローリング]
    1年お世話になった 大切なルアーのお手入れは済みましたか?
    このルアーには来年も活躍してもらわなければいけませんからね!

f0009039_12372986.jpg



  カジキや鋭い歯の沖サワラのアタックだけでなく、
流木引っ掛けたり、浮いている油を拾ったり、
ルアーも散々な思いで何時間も曳きずりまわされていたのですから
ちゃんと、ケアしてあげましょう。
まず、ルアーをリーダーごと中性洗剤で軽く洗って充分乾かしてください。
 角類のルアーは乾燥しすぎると割れてきますから、ご注意を!


 リーダーに傷、ささくれ,油の付着があれば交換!
 カジキのビルでこすられて擦り傷になったリーダーも交換!
 リーダーが白濁していれば塩を吸っているでしょうから交換!
  ルアーの使用後は必ず真水を充分流すか、流水に漬けてくださいね。

 フックの針先は、極端に言うと数時間曳くだけで甘くなります。
 針先はしっかり砥ぎ直ししましょう。
 ダブルリグのワイヤーやスリーブも確認してください。

  ルアーヘッドもよく確認しましょう。
いにしえの樹脂を使ったヘッドは紫外線で劣化して飴色になってしまうものも
ありますが、捨てちゃダメですよ。
  沖縄の漁師さんは飴色のルアーを好んで使うくらいですから。

  ルアーヘッドの表面やスカートにカジキやサワラのアタック跡が
  見つかるのもこのメンテナンスのときです。
  気がつかなかったとはいえ、ドキドキしてきます!

f0009039_1322176.jpg


  スカートの白く変色したものは紫外線焼けです。交換しましょう。
たまにスカートがベタベタ、ヌルヌルしてきたものがあるかもしれません。
中性洗剤で洗って落ちなければ、多くの原因は海の表層の油の付着で、
素材が劣化してきています。その場合はスカートを交換してください。

  きれいに洗うとスカートがペタペタくっつくことがありますが問題ありません。
  気になるようでしたら、ホームセンターでシリコンスプレーを買って
  軽く吹きかけてあげてください。すべりがよくなります。

アウトリガーのリリースクリップなどにCRC等を吹くと樹脂の部分が
劣化して白くなりやすいです。そういうところにはシリコンスプレーのほうが、
樹脂を傷めません。スカート装着時にも使いますので1本あると便利ですが、
床などに付くとツルツルに滑って危険ですので要注意です!


 硬質樹脂ルアーの傷は耐水ペーパーの1000番1200番くらいで
 水をつけてこすり、コンパウンド等で磨けば深い傷以外はきれいになります。
 削りすぎるとルアーの形まで変わって泳ぎに影響しかねないので、
 深い傷はほっておきましょう。
 もちろんカジキのアタック跡も記念に残しておきましょう。

輝迫ルアーの貝が外れたもの等は無償メンテナンスをしますので、
スカートをはずした上でルアーズにメンテナンス依頼として、送ってください。
時期にもよりますが2週~3週間ほどで修理してご返送します。

  暖かい部屋でルアーの1本1本を手にとって、それぞれのルアーに
  残された思い出をかみしめながら、来年のカジキシーズンを夢見るのも
  楽しいインドアフィッシングです。
  クルーと一緒に酒を酌み交わしながら・・・もいいかも!
  

ルアーリギングについてはエンジョイルアーリギングを参照ください。
http://www.biggame-lures.com/lure_cons/enjoy_lure_riging.htm


f0009039_12422844.jpg

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-22 12:59 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(0)
与那国 カジキ好調 シーズン終盤でも毎日4本5本・・・ [カジキ マグロ トローリング]
  与那国はシーズン終盤でもカジキ好調のようです。
  毎日4本5本とあがっているようです。

     与那国第六智美丸さんのカジキ
f0009039_9423676.jpg


  第六智美丸さんのHPにブログが出来て、最新情報がUPされています。
     http://www2.tontonme.ne.jp/users/yonaguni/


  瑞宝丸さんでは2日間のトローリングで3本のカジキをゲット!
f0009039_9491869.jpg


  与那国 瑞宝丸さんのHPとブログ http://www.zuihoumaru.com/

  太郎丸さんはトローリングはいかず、深場のチビキ、カンパチの大漁!
f0009039_9553750.jpg


  太郎丸さんのHP http://www.taromaru.info/
   
  休日に、与那国の海を舞台にした日本のビデオの
  「老人と海」 (販売元: バンダイ・ミュージックエンタテインメント )
  を久しぶりに見ました。80歳を超える老人が小さなサバニというボートで
  カジキを釣りに出かける日常を坦々と追ったドキュメント映画です。
    
   その映画に主人公の老人をサポートする、
若き日の太郎丸のキャプテン タロさんが出ていました。
老人が釣れない日々が続く中、タロさんは自分の船で1本釣り上げます。
老人は釣れなくても毎日毎日、普段とおなじように沖に出ます。
ついに大きなカジキを釣り上げて帰ってくると、タロさんが岸壁で迎えてくれます。
その夜は老人の家でタロさんも一緒にお祝いです。

   タロさんの人となりを思い出しながらビデオを見ていました。
 タロさんは本当にやさしい海の男です。
 陸にいて心がすさんできたら、タロさんの人柄に触れるだけでも
 与那国に行く価値が充分にあると思っています。
 タロさんだけじゃなくて、与那国の海の男たちはみんな純粋でやさしいですよ!

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-22 10:31 | オフショア カジキ マグロ情報 | Comments(0)
ルアービルダーピーターパクラ氏のトローリング考察【チャプター3】アップ [カジキ マグロ トローリング]
f0009039_13335457.jpg

ルアービルダーピーターパクラ氏のトローリング考察
    【チャプター3】追加しました!
    【チャプター1】【チャプター2】の続編として続いています。

「チャプター3 ピーターパクラのトローリングノウハウの基本~ルアーセオリー2~」

・ルアーパターン(ルアーフォーメーション、ルアースプレッド)のポイント
・ルアーの数
・ルアーサイズ
・ルアー形状
・ルアーカラー
・ルアーパターンの特定位置の4つの色グループ
(ショートコーナー、ロングコーナー、ショートリガー、ロングリガー)

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-21 13:39 | PAKULAパクラルアー | Comments(0)
6ノットのラパラ トローリング [カジキ マグロ トローリング]
   秋から冬、春にかけて、ライトタックルで狙える美味しい魚が回遊します。

カツオ、メジ、ワラサ、カンパチ、冬から春には本サワラ、太刀魚・・・
しかしこれらの魚は表層曳きでも喰ってこないことはありませんが、
潜航板、ビシ仕掛けといった中層曳き仕掛けで釣るのが一般的です。
残念なことにこの潜航板もビシもロッドタックルで曳くことは出来ません。

もっとライトなタックルでこのシーズンのお魚さんに遊んで欲しいので、
いろいろと試してみることに。しました

  ここで言うライトタックルはPE2号3号を巻いた中型スピニングに
  ミディアムクラスのショートのスピニングロッドです。
  秋から春にかけての2kg3kg10kgのターゲットを釣って楽しいタックルです。
  トローリングタックルなら16lbクラスです。

  シイラは表層1m、それ以上潜らせればカツオ、メジの回遊層になります。
  つまり2m沈めることが出来れば、表層とは違う層を狙えるわけですが、
  6ノットで曳くと、随分重いオモリをつけても浮いてきてしまいます。

ライトトローリングでは定評のあるラパラを始めとするキャスティングルアーの
中にはメーカー値で30フィート約9mも潜るとされているルアーもありますから
それらのディープダイバー達をいろいろ試してみる必要がありそうです。

  キャスティングの場合とは、全くスピードが違うので、
  ルアーが同じように泳ぐかどうか、です。



   左3本がラパラCDマグナム
     右3本は各社のディープダイバーで、
      2ノット3ノットの微速トローリングでは実績のあるルアーです
       ルアーリーダーは10号2m
f0009039_12453131.jpg


      一緒に曳いた表層曳きルアーとツバメ潜航板
f0009039_1245564.jpg


  結果から言いますと、6ノットのスピードでついてくるのはラパラだけでした。
  他のディープダイバーは4ノット超えると水面に飛び出してきます。
  本来そんなスピードで曳く使い方をしないルアーですから仕方ないですが。
  リップの調整もラパラはリップが金属ですからリップ自体を調整する簡単さに
  比べて、他社はアイの調整ですから楽ではありませんでした。
  アイの調整が下手なだけかもしれません。



昼から2時間ほどの試釣で、表層タコルアー曳き3本、
コーナーにラパラを2本6ノットで曳きました。
測ることが出来ないのでライン角度等からの推測ですが、
30m流して2mくらい沈んでるように見えました。

  メジ、カツオは姿を見せませんでしたが、
  ペンペンシイラから5kgサイズのシイラまで爆釣で、
  表層曳きのカツオルアーにはシイラも喰ってきませんでした。

  暴れるシイラからトリプルフックをはずすのに一苦労しました。
  バーブレスにするか、2又長軸針にするかした方が良さそうです。
  今後も表層曳きと併用して使えるディープダイバーをいくつかテストしていきます 
  本サワラのシーズンには3ノットで曳くディープダイバーもテストします。

ラパラ トローリングは、ファイトを楽しむという点において、
充分に面白いオフシーズンの釣りになりそうです。

f0009039_1521515.jpg

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-17 15:22 | オフショア カジキ マグロ情報 | Comments(0)
ワイルドキャット 熊野潮岬情報・・・クロマグロがやってくる!? [カジキ マグロ トローリング]
              ワイルドキャットの熊野潮岬情報です。

   いつも今日が今シーズン最後のトローリングかと思いながら、
   天気のいい日を選んでカツオ釣りに出てます。
   昨日(9日)は黒潮の中まで行ってきました。

黒潮の北端は北緯33度25.5分、東経135度55分
(串本大島樫野崎の南東沖約3.5マイル)付近にあり、
水温が21度台から23度台に上昇。約0.5マイル南下すると23.8度まで
上昇しました。さらに南下すれば24度台になるものと思われます。
カジキが釣れそうな黒く澄んだ潮です。

  カツオが釣れてるのは黒潮の手前の水温21度台の反流で、
  北緯33度28分、東経135度58分付近にたくさんの漁船が
  集まってました。ワイルドキャットは1kgクラスを2尾キャッチ。
  コーナーフラットラインのペンカットにダブルストライクできました。
  それ以外は小さなシイラが1尾釣れただけです。

カツオは多い船で10尾前後。1kgクラスが中心で、3~4kgの大きな
カツオは少なくなってます。反流の流れ方がややかわって、
水温も下がってました。強い北西風が吹いた影響だと思われます。
シイラは北風が吹く前よりも少なくなりました。

  現在のカツオの釣れ具合は、よく釣れてるというほどではなく、
  ぜんぜん釣れてないというわけでもありません。釣りに行こうか
  どうしようか迷うところですね。港の近くだったら毎日でも様子を見に
  行くのですが、10マイル以上沖まで出ないといけないのも出漁を
  迷ってしまいます。釣れ具合を見ながら、また行ってみます。

昨日、カツオが釣れたエリアから5マイルほど東へ行くと、樫野崎沖の
中層浮き魚礁があります。今なら、黒潮の北側のちょうどよい位置に
なってます。11月1日に2尾釣ったカツオのうち1尾は中層浮き魚礁の
すぐ近くできました。そのときの水温は23.9度。今は黒潮の反流の水温が
下がってるので、21~22度台だと思います。
天気がいい日なら楽に行けます。

  戻りのサンマが獲れだしてるので、それに付いてマグロが来てる可能性は
  あるかもしれません。秋のマグロはサンマに付いて来ると漁師は言います。

f0009039_14324697.jpg


         ・・・・・熊野灘情報有難うございます。
             そろそろクロマグロの南下する時期です。
             昨年はマグロ水揚げ量日本一の座を、
             境港に譲ってしまったようですね。
             萩沖、見島沖に負けないマグロはいるはずですから
             チャーターでも釣れるようになったら楽しみです。

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-10 14:28 | ワイルドキャットコラボ情報 | Comments(0)
カーペンター スピニング マーリンロッド  [カジキ マグロ トローリング]
          お待たせいたしました!!
      カジキのスピニングトローリングロッドの逸品

    カーペンター ブラックビースト  の取り扱いを始めました。
f0009039_9381527.jpg

      カーペンター ブラックビースト BB510-S 50-60lb
        受注生産品 納期1ヶ月から3ヶ月待ちです。

  ブラックビーストシリーズは、スタンドアップファイトで魚の息吹を感じながら、
   ファイトする事が出来る
   『スタンドアップ マーリンゲーム』 の為に開発されました。

  スタンドアップ マーリンゲームの様々な実験を繰り返して、 
  2005年8月に三重沖で200kgオーバーのブルーマーリンが
   ブラックビスートで上がりました。
f0009039_9441453.jpg

  仲間でのマーリン釣行でも針が外れたマーリンを除いて
  ほぼ、キャッチしています。300kgクラスは掛かれば、
  デスダイブをさせなければ、射程内に入っています。

                       ・・・・以上、カーペンターより

  

  一般的なトローリングロッドに比べると一見華奢に見えますが、
  カーボン特有の反発力とブランクの密度感は
  カジキをリフトするのに充分なパワーを持っています。


f0009039_1121271.jpg


 BB510-S 50-60lb  48,300円
 BB55-S  60-80lb  52,500円
   の2タイプがあります。

BB55-S  60-80lb  は多少短くなっているとはいえ、
ロッドのパワーはワンランク上ですから、アングラーもそのパワーに負けない
体力、リフティングテクニックが必要かもしれません。
パワーファイト、短時間勝負、タグ&リリース、がキーワードになりそうですから、
トーナメントやパワーファイト経験者向きかもしれません。
 
  カーペンターは大型ルアー、ライブベイトにはこのBB55-S 60-80lbを
  推奨していますが、ルアーのバランス、ポジショニングさえ気をつければ、
  BB510-S 50-60lbで、14incサイズ12号サイズルアーでも
   充分曳けそうです。
 
  スピニングでカジキを釣ってみたい方は、
  このブラックビーストを使ってみてください。
  今ならBB510-S 50-60lbの在庫が1本だけあります。
  
  お勧めリールはステラ20000、またはソルティガ6500、
  ペン9500ドラッグ強化仕様、くらいかな。

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-10 11:19 | トローリングロッド | Comments(0)
ルアービルダーピーターパクラ氏のトローリング考察【チャプター2】アップ [カジキ マグロ トローリング]
    ルアービルダーピーターパクラ氏のトローリング考察
    【チャプター2】追加しました!
    【チャプター1】の続編として続いています。

f0009039_9334883.jpg


テーマ
   ルアーセオリー
     ルアーとは・・
     ルアーはなにをするか・・
     ルアーセオリー
     「マッチ ザ ハッチ」

http://www.biggame-lures.com/item/PAKULA/PAKULA-C1.htm

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2006-11-10 09:34 | PAKULAパクラルアー | Comments(0)