カテゴリ:テクニック、ノウハウ,知識( 26 )
覚えておくと便利なクイックリリースノット!【カジキ・マグロトローリング】
    覚えておくと便利なクイックリリースノット!



IGFAのVIDEO TUTORIALの、

  便利なロープノットです。

     使えます。        


    IGFA イックリリースノット!    


カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2012-11-08 09:57 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(0)
グリーンスティック フィッシング !!【カジキ マグロ トローリング】
   グリーンスティック フィッシング !!


f0009039_136541.jpg

f0009039_137930.jpg
f0009039_1371998.jpg



Greenstick Fishing グリーンスティック フィッシング

とは画像でもおわかりのようにジャンボのこと。

30ft~40ftのぶっといセンターリガーをクルーザーに付けて曳いています。

こんな感じ
f0009039_1319876.jpg


ジャンボで曳く巨大なヒコーキ 全長1mくらいあります。

f0009039_13201389.jpg



あるんですね~! プレジャー艇でもジャンボを曳くんですね。

釣れるからでしょうね!!

3番目の小型艇でもジャンボを曳くんですね!参考になりますね。



   ジャンボとは日本の漁師さんが始めた漁法で、

   マグロ釣りには圧倒的な強さを発揮します。

   漁としては日本各地で行われていますが、

   プレジャーボートでジャンボを曳くことはあまりありません。

   でこういう写真を見ると、ちょっとやってみたくなりますね。



カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2012-03-07 13:20 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(0)
ハイスピードトローリングのテストの結果は・・・ 【カジキ・マグロトローリング】
   ハイスピードトローリングのテストの結果は・・・


ハイスピードトローリングは12ノット~13ノットで

曳きますが、潮を探す移動中の釣りです。

ときどき本船がヒコーキやラビットを曳いているのを見かけますが、

12ノット~13ノットでもカツオやメジが釣れるようです。

  カジキ用のルアーでマックス16ノットまでOK、

  というルアーがあるくらいですから、

  カツオもカジキもハイスピードでも釣れるようです。

  ドアノブタイプはハイスピードに強いものが多いです。

  
テストの結果は

BC Deeper ディーパー

  素晴らしい泳ぎでついてきます。

  13ノットでも14ノットでも安定した泳ぎで、

  普通のルアーと同じようにスプラッシュをあげて

  数秒沈んでまた浮いてきてスプラッシュをあげる、

  泳ぎをします。



コギンズ ジェット ビッグスラント

  11ノット位までは安定してついてきますが、

  12ノットを超えるあたりから水面に飛び出てきます。

  スカートがはじけてしまってきれいな泳ぎになっていません。



スラマーヘッド バレット(加工品)

  砲弾型のヘッドの片側をカットしてみました。

  カットが少なすぎたようで、表層をストレートについてくるだけで

  泳ぎがありません。 上下動もわずかです。

  もう少し加工を大きくすればなんとかなるかも。


今回はドアノブタイプは曳きませんでしたので次回テストしてみます。


3本のそれぞれ違う泳ぎと違うサイズのハイスピードルアーがあれば、

カジキだけじゃなく、マグロ用にも面白いと思います。

広範囲に探れる魅力とポイント移動の時間ロスが無くなる魅力と

足の速いマグロを追う時にも有効です。



  また同じルアーで船速を落とせば、

  沈み込むルアーとして普通に曳けますから、

  ハイスピードトローリングも一つの方法として

  面白い釣りかもしれません。

  あとは実績をあげるだけですが、

  Deeper をお持ちのかたは是非13ノット曳きを試してみてください。

  アウトリガーのクリップも飛びませんでした。


カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2010-08-30 13:18 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(0)
ハイスピード トローリングって、あり?? 【カジキ・マグロトローリング】
   ハイスピード トローリングって、あり??


カジキの潮を探す移動中に

ハイスピード トローリングはいかがですか。

 
  12ノット~13ノットでのトローリングができれば

  潮探しの移動が無駄にならないです。


カジキにとっては8ノットも12ノットも

特にどうのというスピードではないという推測ができますが、

果たしてそのスピードで喰ってくるのかどうかは、

実績は少ないようですから未知の領域です。

   誰もそんなスピードで曳きませんからね。


   一般的なルアーでは10ノット超えたら跳ねて暴れて、

   でんぐりかえってルアーがまともに泳ぎませんが、

   ドアノブタイプには自称14ノットまで曳けるルアーもあります。

  
12ノットオーバーで曳けるルアーが3種類くらいあれば、

試してみるのも面白そうです。


   明日はハイスピードルアーのテストと

   沈むルアー、沈ませたルアーでのテスト釣行してきます。


カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2010-08-27 17:27 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(0)
ラインブレイクが多いです・・・ 【カジキ・マグロトローリング】
     ラインブレイクが多いです・・・!!


今年のカジキは小さくても元気いっぱいです。

80kgのカジキでも80lbを500mも引き出していきます。


   で、500m先でジャンプして、走って、飛んで

   ラインはまっすぐ後ろに行っているのに

   カジキは右舷方向でジャンプしています。


スプールも小さくなってドラッグ値が上がっているところに、

あのカジキの走り方では、Uの字になったラインに

すごいウオータープレッシャーがかかって、プッツンです。

80lbのラインブレイクが多いのはウオータープレッシャーのせいです。


    ラインが出てスプールが小さくなったら、

    ドラッグを少し下げたほうがいいです。

    ラインが無くなってくるとドラッグをあげたくなりますが、

      あげたら切れます。

    

ゴミや漂流物に引っかかってラインが切れるのは仕方ありませんが、

カジキが走ったらドラッグを下げてラインブレイクを避けてください。


カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】     
by biggame-lures | 2010-08-06 21:59 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(0)
カジキのフックアップ考察・・・スペシャルリグ 【カジキ・マグロトローリング】
   カジキのフックアップ考察


8月1日にT&Rしたときのスペシャルフックリグでの

カジキのフックアップ画像がいい具合にとれました。

  ルアーはBCスイマーレッドパウア 黒紫


フックは JOBU 9/0 ダブル スペシャルリグ
f0009039_10565137.jpg


  見にくいかもしれませんが、カジキの口先(ビルと下あごの先端位置)で、

   リアフックがビルにささっています。

f0009039_10591938.jpg


   この角度から見ればわかりやすいですが、

   口先10cm位のところにフックアップしています。


さて、このカジキはルアーをどのようにくわえてのかは、

推測するしかありませんが、スペシャルリグでの推測は、




   クロマグロがベイトのサンマを咥えるとき、

   サンマの尻尾を口先で咥えるように、

   このカジキは、ルアーのスカートの尻尾に食いついた。

   スカートの尻尾から飛び出る長さのスペシャルリグのリアフックは

   かろうじてカジキの口の先端に入ってビルに貫通した。



   もし、リアフックがもう少し短ければ、

   フックの先端はビルと下あごの先端に収まらず

   口の外に出てしまい、フックアップに至らなかったかもしれない。

   

”カジキがマグロと同じように

 口先でベイト(ルアー)の尻尾に食いついてくるとき”は、


カジキのビルと口先でできる

  おおよそ、高さ10cm底辺8cmの三角形の面積のなかに

  リアフックの針先が収まらなければ

  フックアップは難しいことになります。

  また高さ10cmといっても口の先端(三角形の頂点)は

  幅がありませんからフックアップがさらに難しいです。



カジキは口の先端でスカートの尻尾を咥える場合には、

リアフックがスカートの中に収まってしまう位置だと、

ほぼフックアップできないことになります。


  カジキはスカートの尻尾だけ咥えたまま300mも400mも走り、

  フックアップしたように思えますが、

  フックは口の外で暴れているだけです。

  運が良ければビルの外側に引っ掛かりますが、

  その際にもリアフックが長ければ、引っ掛かる確率は高くなります。




リアフックが長いスペシャルリグも

こういったケースでは有効だろうと思えます。



    スペシャルリグ  リアフックのリグが長いだけですが。
   *リアフックのアイがスカートから出ると
         IGFAルール上ファールになります。
f0009039_12562642.jpg


    通常のエンドフリーリグ
f0009039_12564588.jpg




で、それならシングルフックでもいいじゃないか、ということなんですが、

カジキはシーズン初めはルアーの後方から来ることが多いですが、

  トップシーズンになると、

  航跡の横から飛び込んできて

  ルアーにアタックしてくることが増えてきます。

このときはルアーヘッドめがけてアタックしてきますので、

フロントフックが重要になります。

いつアタックパターンが変化するかわからないことと、

都度リグを変えることが手間なので、ダブルフックにしています。




さて次の課題ですが、

   リアフックは、フリーがいいのか、固定がいいのか、

   
   ですが、 いまのところフリーにしています。

   マスタッドのベイキングがいいか、JOBUがいいか

    ?ですが、スイマーにはJOBU,

    ビーストには、マスタッドのベイキングがいいような???

    フックの重さも関係しているような・・・???


   どっちがいいのでしょうね??

     また、カジキに聞いてきまーす!!


カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2010-08-04 13:30 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(0)
ポンピングをするとバラす !?【カジキ・マグロトローリング】
  ポンピングをするとバラす !?

そーなんです。

ポンピングをするよりゴリ巻きのほうがバラシません。

  ジギングでもキャスティングでも泳がせでも、そう言われますが、

  トローリングでも同じ。スタンディングでもチェアーでも同じです。



ポンピングの方法として、よく言われるのが、

   『 竿先を下げながら、リールを巻く 』 

    まあ、言葉としては正しいのですが

     しかし、実際にその通りにやると


  『竿先を下げながら・・・』

    で、ここで微妙なタイムラグが発生して、
  
    ラインのテンションを緩めてしまいます。




『 竿先を下げながら・・ラインテンションが無くなって・・リールを巻く 』
  
   ラインのテンション、つまりリールへの負荷が無くなってから

   リーリングしようとしてしまうからです。

   ですから、ポンピングのたびにバラシのチャンスが生まれます。


     ポンピングの際には常に一定のテンションを

      ラインに掛け続けることが大切なんですが・・・。




ポンピングの方法をもっと的確に言うとすれば、


   ゆっくり一定のスピードでロッドを立てる。

     90度まで立ててはいけない。75度くらいまでです。

   ロッドを立て終わる瞬間に、力でリーリングを始める。

   このときにタイムラグがない(ラインテンションを緩めない)ようにする。

   力でリールに巻きこんだ分だけゆっくりロッドを倒していく。

   ロッドを倒し切ってもリーリングの力は緩めないで、

   ロッドをゆっくり立て始めてから、リーリングを止める。

      の繰り返し・・・




ポンピングの際には常に一定のテンションを

ラインに掛け続けることが大切です。

アスターンをかける時もラインテンションを

かけたままリーリングをするのがベストですが、

なかなか追いつかないですね。




   この一定の力で、一定のスピードで、リーリングをするのが

   もっとも上手なのは、電動リールです。

      へこたれないし、休まないし、文句も言わない・・・


   







違う話にそれますが・・・

  ドラッグ値が低いとカジキは走らない、暴れない、

   と聞いたことがあります。

  逆に、一気にドラッグをあげると、カジキはジャンプする、

   とも聞きました。

  
単純に、『 引けば逃げる、刺激を与えれば暴れる 』 

   と言えば、さもありなん・・ですね。


  根に入った魚を根から出そうとするときに

  ロッドの尻をカツカツたたいて刺激を与える方法もあるようです。



  ヒラマサのカッタクリでもドラッグをあげたままだと

  ヒラマサが一気に走り止められないのでハリス切れする、

  ドラッグを緩めておけば走ってもじきに止まる、そうです。
  



先日石垣でクロカワ60kgを、PE3号でドラッグ4kgで

アスターンかけずに15分程度で寄せた時は、

カジキは手元にくるまで、ほとんど走らず、ジャンプせず、でした。

 銛を打ってから大暴れして取り込みまで大変でした。

    カジキの60kgは小さいですが、

     そうはいっても60kgの魚は大きいですから・・・




  ロッドもリールもカツオ用だったので、

  ロッドやリールに不要な負担をかけないように、

  つまり結果としてカジキに不要な刺激を与えないようにしたので

  カジキが走らない、暴れない、だったのかな?と思うのですが??







ライトタックルや30lbクラスでのカジキの釣りを考えるにあたって、

豪快な50lb、80lbでの常識とは全く違う

繊細なアングラーのテクニックに左右される釣り、

 カジキを手なずけて寄せる釣り?

も考慮したほうがいいかもしれませんね??

 

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】   
by biggame-lures | 2010-06-16 11:57 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(0)
ライトトロ-リングのDVDができました!!【カツオ・マグロ ライトトローリング】
    ライトトロ-リングのDVDができました!!


  潮を追え、攻めて釣れ!!

   爆釣ライトトローリング 基本編 DVD 


夢中になってハマっちゃう!

   潮を追って、攻めて釣る

  「ライトトローリング」を基本からわかりやすく

    丁寧に完全解説したDVD!!

見ごたえたっぷりの全108分!内容充実のチャプター10編!

  この「爆釣!ライトトローリング 基本編 DVD」

   で釣れるライトトローリングがよくわかる!
 
   見ればすぐにライトトローリングをしたくなる!

・チャプター1 攻めて釣る!ライトトローリング
・チャプター2 トローリングという釣り
・チャプター3 タックル -ロッドとリール-
・チャプター4 ルアーと仕掛け -釣り方-
・チャプター5 ライトトローリングで釣れる魚
・チャプター6 ライトトローリングで釣ってみよう!前編
・チャプター7 ライトトローリング基本フォーメーション
・チャプター8 ライトトローリングで釣ってみよう!後編
・チャプター9 トローリングの楽しさ -プロショップHIT伊藤氏インタビュー-
・チャプター10 ルアーズガールズのライトトローリングルアーはコレ!


    これからライトトローリングを始めたい方に

    お勧めのビデオです。
   
      ライトトローリングのテクニック編では

       ありませんので、あしからず。

f0009039_1533556.jpg


    爆釣!ライトトローリング 基本編 DVD


カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2010-03-18 16:22 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(2)
ベイキング フックとツナ フック・・・ 【カジキ マグロ トローリング】
    ベイキング タイプフック と  ツナ タイプフック



トローリングで使われるフックを代表するマスタッドフックやマルトフックには、

よく使われる名称でベイキングフックとツナフックの2タイプがあります。

   
    一般的にベイキングタイプと呼ばれるフックは、

    針先が針の軸と平行で、針先と軸の間が広く、

    トローリングのように曳いて釣る場合にフックアップしやすい、

    と言われています。

   

一般的にツナタイプと呼ばれるフックは、

針先がアイ(リーダーをつける環)に向っていて、

針先が魚の口にかかったときに引かれるアイに真っ直ぐ向くので、

フックアップしやすいと言われています。

ただし、針先と針軸の間が狭いので、

どちらかと言えば餌釣りに向くと言われています。


    左がベイキングタイプ          右がツナタイプ
f0009039_13201358.jpg





 日本では一般的にそれぞれベイキングタイプ、ツナタイプと呼ばれていますが、

     実はマスタッドも、マルトもベイキングタイプという呼び名は使っていません。

     マスタッドもマルトも、どちらのタイプもツナフックとよんでいます。

       マスタッドのベイキングは Bay King という

        コード番号7754のまったく別のフックです。

    

ややこしいですが、マスタッドはツナタイプもベイキングタイプも同じ、

            ” サウザン ツナ フック ” で、
   
                違いはコード番号の

            7732・・・・(ベイキングタイプ)

            7691・・・・・(ツナタイプ)

            

マルトでは 

        南方ツナフック・・・・・・ツナタイプ、

        ツナフック・・・・・・・・・・・ベイキングタイプ



   さらに ややこしいですよねー!!

   正確に呼ぶと、混乱して間違いだらけになりそうです。

   

日本で使われる外来語は間違った意味で使われることも多いですし、

だからといって、それに新しい言葉を付けることで混乱させるほどの

必要性もさほど感じてはいません。


   ルアーズではそのまま(間違えたまま)

     針先の開いたベイキング、

     針先の閉じたツナ、

   と呼び続けてしまおうか、新しい名前をそれぞれに付けるか悩んでます。



でもまあ、このシーズンのさなか、どさくさまぎれで、

       とりあえず、そのままでいきましょー!!

      海外でベイキングタイプ、ツナタイプという呼称は通用しないことだけは

      了承しておいてください。


   

PS 使用上どちらがいいかは好みですが、 

     ツナタイプを使う場合は大きめのサイズを使ったほうがいいようです。

     小さいフックを使う場合はベイキングタイプがおすすめです。

 
カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2009-07-22 11:30 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(2)
超簡単 三つ編み シーブレノット の紹介です。  【カジキ マグロ トローリング】
      超簡単  三つ編み シーブレノットの紹介 です。

   三つ編みは慣れるまでになかなか経験を積まないと
   しっかり編みこめませんね。

   また、初めての方に教えるのも、教えられるのも一苦労ですが、

   釣界の静かな寵児 シーブレイン( 海の頭脳 )艇が
 
       あみだした、超簡単 三つ編みです。

     三つ編みに自信がない方、まだよく指がついていかない方、

      この簡単なシーブレノットを是非お試し下さい。

          ブログ シーブレ日記   シーブレノット
http://blog.goo.ne.jp/gt50_2005/e/888fb39863812c7f32e59646a865c372

カジキ・マグロトローリング【ビッグゲームルアーズ】
by biggame-lures | 2009-04-07 10:35 | テクニック、ノウハウ,知識 | Comments(0)