カテゴリ:プロトタイプ、試釣ルアー他( 6 )
秋刀魚ルアー
来年春に発売予定の秋刀魚ルアー
f0009039_18011791.jpg
アロハルアーのオリジナル秋刀魚ルアーです。

秋口から秋刀魚を捕食しているカジキ狙いのために

主に北関東以北のフィールドで、活躍するために生まれてきました。

f0009039_18033897.jpg
プロトタイプが完成し、
塩釜と大洗の達人に密かにルアーを送り、
曳いてもらうことにしました。
f0009039_18054713.jpg
24日、塩釜のB-B-B艇のNさんが
いきなりマカジキをサンマで
釣っていただきました。

ビッグゲームルアーズは感謝感激!!
f0009039_18074851.jpg
f0009039_18083025.jpg
f0009039_18084205.jpg
f0009039_18085653.jpg
冗談みたいな秋刀魚ルアーですが、

実際にカジキが食いついた証ができました。

チームB-B-Bさん、ありがとうございました。

これで、スーパーニンジャのようなヒットルアーになることと思います。

多少の改良点を加えて、ハワイで量産してもらいます。

来年まで、乞うご期待!!
f0009039_18124698.jpg
f0009039_10253014.jpg



by biggame-lures | 2017-09-25 18:14 | プロトタイプ、試釣ルアー他 | Comments(0)
オーストラリア ポートスティーブンス カジキルアー試釣[カジキトローリング]
オーストラリア ポートスティーブンスにルアー試釣に行ってきました。
ベイトフィッシングが主体のオーストラリアのトローリングですが、
充分ルアー試釣の成果がありました。

今回お世話になったのはオーストラリアでも5本の指に入る
名艇カリプソのキャプテン ティム、とクルーのアンディ君です。
カリプソはこの時期はホームポートのポートスティーブンスに滞在し
カジキを追いかけ、秋のシーズンはグレートバリアリーフに浮かぶグランダーの
メッカ、リザードアイランドでカジキを追いかけています。
カスタムメイドの43フィートの見るからに戦闘的なクルーザーでした。

カリプソ

f0009039_18405514.jpg



 
キャプテンのティム

f0009039_18412242.jpg




今回試釣したのは三輪崎WILDCATとのコラボで開発した
ブラックキャットのチャガータイプ、及びスピンカットです。

ブラックキャットチャガー
f0009039_1843457.jpg



  他には トップガン、輝迫、コギンズ、を流しました。
この強力なラインアップのなかでヒットがあれば
プロトタイプは大成功なのですが・・・



   朝7時半に出航してベイトフィッシングの後にポイントに到着が09:30。
早速ルアーを流す。
ショートコーナーにトップガン、ロングコーナーに輝迫、
ショートリガーにスピンカット、ロングリガーにブラックキャットチャガー
の4本曳きです。
ちょっと変わったフォーメーションで、ロングショートといっても
ほとんど同じ距離でコーナーは2本とも3波、リガーも同距離で2本とも4波、
左右対称のコンパクトなフォーメーションでした。

ここのポイントは1マイル四方にカジキが集まっているとのことで、
コンパクトなフォーメーションを選択しているようです。

10:30 

 左舷リガーのスピンカットにカジキが寄ってくるのが見えた。
  
     誰かが「マーリン!」と叫ぶ!!

 カジキは向きを変えコーナーのトップガンに吸い寄せられるように近づき、
 トップガンにアタックするかというそぶりを見せつつ、ビルでルアーをからかい、
そのまま右舷に流れ、
リガーのブラックキャットチャガーに近づいた。

そしてカジキは「これだっ!」と、いわんばかりにブラックキャットに飛びついた
         リリリリリリリリリー

  30lbのTICAのリールがけたたましいクリック音を立てた。
  50mほどラインを出したところで、カジキは水面で大きく首を振った。

f0009039_18501133.jpg



      クリック音が止まる。
      くそっ!バレた!

キャプテンのティムは躊躇なく、次の指示をアンディに出す。
全てのルアーを回収し、ベイトの40cmほどのハガツオを
両サイドのリガーでスキップベイトに流す。もう1本はショートに・・・・
   (詳細は後日フィールドレポートにて)

  午後2時半、そろそろ今日のトローリングも終わろうとする頃、
ロングリガーで曳いているスピンカットのリガーロッドが大きくしなった
ラインの先で水柱が立ったと同時にラインが10mほど出て行ったが、
ロックアウトが外れない。何だろう?カジキじゃなさそうだ。

f0009039_18572019.jpg


バラクーダか、シイラか、ロックアウトをはずして、30lbのティアグラを巻く。
なにか付いているが、ポンピングしなくても苦もなく巻ける。
 
  ウオーッ!カツオだ!3~4kgある。さっぱりした日本食が食べたかったあー!

f0009039_18423419.jpg

上がスピンカット 下がスピンバレット

 このスピンカットは、シイラ爆釣、沖サワラ、トンボの3kg、
カツオの大型、なんでも喰ってくる、マカジキサイズの小型ルアー。
泳ぎは抜群で、スピニングでも曳けるから面白いルアーです。
1本持っていると楽しいですよ。


   

  2日目が終わってキャプテンのティムとルアーの話をしていると
ティムはスピンカットを持って、

   「ナイスなルアーだ、マーリンもなんでも喰ってくるだろうが、
   イエローテール(キハダマグロ)には是非使ってみたい」
     といってルアーを離さない。

f0009039_18512244.jpg

  

  もちろんルアーズとしては有名なキャプテンに使ってもらえれば
光栄なので、2本しかないスピンカットのプロトタイプのうちの1本でしたが、
ブラックキャットチャガーと一緒においてきました。

  ここのキハダは100kg超えるそうだから少し小さいかもしれませんが、
日本の80kgのキハダやマカジキにはちょうどいいサイズだと思います。

【ルアーズ カジキ・マグロトローリング】
by biggame-lures | 2006-03-23 19:02 | プロトタイプ、試釣ルアー他 | Comments(0)
NEW ルアー2 スピンバレット[カジキトローリング]
 カジキは時によってはよく泳ぐルアーよりも、おとなしい泳ぎ(スイスイ泳ぐ)のルアーに興味を示すことがあります。しかし、そんなときでも、全く泳がないルアーでは回遊魚は興味を示しません。おとなしいとはいえ、何らかのアクションをしなければ回遊魚は振り向きもしません。このスピンバレットは、ラウンドボール部分を中心に水中でブルブル震えようとすることで、バレットに微妙な泳ぎのアクションを加えます。ワームの尻尾にボールが付くことで、微妙なアクションが付くのと同じ原理です。
  
 このルアーにはたった3.2kgのヨコワまでアタックしてくるほど、マグロにとっては魅力的な動きをしています。マグロ大カツオには6.5号位、カジキには8号スカートがお勧めです。

 スピンバレットはTPホークやミニホーク、ヒコーキで曳くように
  調整してありますが、素曳きでもいいです。
 スピンカットはショートでもロングでも素曳きで曳いてください。
 スピニングロッドでも曳けます。


 昨年から調整していた小型のカジキルアー、スピンカット、スピンバレットがほぼ完成に近づき最終調整に入りました。ライトトローリングから本格的なカジキトローリングまで幅広くこなすルアーです。、スピニングロッドで曳くことも出来るヘッド長45mm、最大径23~25mmの小型のルアーです。

販売予価は6000円前後のお値打価格を予定しています。

調整の詳細は
ルアーズとワイルドキャットのコラボブログで
http://lureswcat.exblog.jp/

スピンバレット[ルアーズ カジキ・マグロトローリング] 

【ルアーズ カジキ・マグロトローリング】
by biggame-lures | 2006-02-17 16:29 | プロトタイプ、試釣ルアー他 | Comments(0)
NEW ルアー1 スピンカット[カジキトローリング]
 昨年から調整していた小型のカジキルアー、スピンカット、スピンバレットがほぼ完成に近づき最終調整に入りました。ライトトローリングから本格的なカジキトローリングまで幅広くこなすルアーです。、スピニングロッドで曳くことも出来るヘッド長45mm、最大径23~25mmの小型のルアーです。マカジキの春から初夏に掛けては必携の1本です。


 TOPGUNの大型ヘッド並みにダイナミックに泳ぐ小型ルアー、スピンカットはその特有のボール形状が、独特でダイナミックな泳ぎを演出し、沖サワラやカジキの本能を刺激して、興奮した回遊魚は他のどのルアーをもすり抜けて一直線にスピンカットに襲い掛かってきます。特に喰いの渋いときはこのルアーにしかアタックしてこないときがあります。
  
 良く動くルアーの欠点としてアタックは多いが、フックアップしないという欠点がありますが、その調整も最終段階に入ってきています。
  
  よく泳ぐ<ー>泳ぎすぎる。
 
 このバランスを克服するための最終調整として、スピンカットは6ノット以上8ノット以下のスピード対応用と7.8ノット以上のスピード対応用の2つのシリーズを準備しますので、ご自分のトローリングスピードに合わせてお選び下さい。
 
 必ずフラットライン(素曳き)で、曳いてください。プレシーズンは6.5号スカート、トップシーズンは8号スカートがお勧めです。

販売予価は6000円前後のお値打価格を予定しています。

調整の詳細は
ルアーズとワイルドキャットのコラボブログで
   http://lureswcat.exblog.jp/

スピンカット[ルアーズ カジキ・マグロトローリング]

【ルアーズ カジキ・マグロトローリング】
by biggame-lures | 2006-02-17 16:14 | プロトタイプ、試釣ルアー他 | Comments(0)
サンプル入荷のコギンズルアーはいかが?[カジキトローリング]
遠州灘、高松東、13日 10時頃から流す
 11時45分 位置22.29ヒット ライン100m出したがフックアップせず。昨日と同じ樹脂ルアープロトタイプ。
 13時15分 位置21.27 センターのCOGGINS(コギンズ)ルアーの黄蝶に、ヒット。 ラインを600m出してファイトするが、50分後フックアウト。 2日続けてへたくそですねー、まあ判っていることですが・・

【ルアーズ カジキ・マグロトローリング】
by biggame-lures | 2005-08-13 13:29 | プロトタイプ、試釣ルアー他 | Comments(0)
三重のO氏の新作ルアーの試釣行![カジキトローリング]
遠州灘、高松東、12日 12時頃から流す 
 12時40分 位置21.27 ヒット ライン100m出したがフックアップせず。ヒットルアーはルアーデザイナー O氏のプロトタイプ。(後日写真をUPします。)
 13時45分 位置21.24 カジキがアウトリガーのルアーにじゃれついてくるが喰ってこない。30秒後にショートコーナーにヒット。 ラインが300m出て止まる。30mくらいまで寄せるが、また走り出し、すごい勢いで300m出されて、その後寄せては出されての繰り返しだったが40分後、フックアウト。ヒットルアーはルアーデザイナー O氏のプロトタイプ樹脂。

【ルアーズ カジキ・マグロトローリング】
by biggame-lures | 2005-08-12 13:24 | プロトタイプ、試釣ルアー他 | Comments(0)